はじめてのヘッドライトバルブの交換

ヘッドライトが切れたわけじゃないのだけど、ヘルメットのシールドを換えたら、夜間の視野が少し悪くなったので、ライトを明るくする目的で、いろいろ検討しました。LEDも考えたのだけど、わんこのアドバイスにしたがって、ハイパーハロゲンに決定。

ネットでリサーチしたら、多くの人が車用を利用しているのだけど、頻繁に替えるものでもないし、2つあっても仕方ないので、あえてバイク用にしました。

むかし車のライトもハイパーハロゲンに替えたことがあるのだけど、あんまり明るさは実感できなかった気がします。街灯のない地域を走るわけじゃないから、雨の日が問題だったわけで、バイクは基本雨の日は乗らないのが前提なのでだいじょうぶということに。 ヘッドライトリムをはずすプラスドライバーは、わんこの買った工具セットに入っていたので、この作業に関しては、新たな工具は必要なかったです。このネジは、先日も別件で開けたので、問題なく外れるものの、ネジ、ワッシャーなどなくさないようにと、慎重に作業するも、ワッシャーがしばらく行方不明になりました。 ヘッドライトの中はほこりだらけだったので、少し掃除。

実は、あるサイトを参考にして、カプラーを外さずにゴムをめくってしまいました。さらに、カプラーを外さないでゴムをめくった状態で、止め金具を苦労して外し、さらに死ぬほど苦労してカプラーを外しました。最初の間違いに気づかず、手に負えなくなってしまったため、翌日に持ち越しです。

再度ネットで動画も含めてリサーチして、間違いに気づきました。最初参考にしたサイトを再度見て、自分の勘違いかと、見直しましたが、どうみても間違ったことを書いているのか、手順を省略しているのか、とにかくひどい。こんな簡単な作業を、わざわざ難しくするような、サイトを参考にしてしまった自分が情けないです。

まず、カプラーを外します。

H4です。M&Hマツシマの製品です(12V60/55W (B2・CL) 16H 16HB2C)電球の色に関しては、あまり意識してなかったのですが、わんこがクリアにしたほうがバイクに合うというので、クリアにしました。

バルブをはめて金具を止めます。子供でも出来ることを、昨日はできなくて苦労していました。

防水のゴムの天地を確認して、元に戻します。

カプラーに繋いで終わりなのですが、私の力では完全に押し込めませんでした。昨日間違った方法で散々指の力を使ったので、すでに力が入らないのです。ここまで入っていれば抜けることはないと思うので、最後にもう一度だけプッシュして終わりにしました。

ヘッドライトカバーを元に戻し、ネジを止めて終了。

今回使用したバルブは、初めて使うマツシマという会社のこちらの製品です。

コメント